<< みなさんは『FX』に興味はありますか? | main | 児童相談所の役割 >>

良いステートが導く成功者への道!

ニューロ言語プログラミングテクニックの基本テクニックの1つをご紹介します。


それは、インステートと呼ばれるものです。
インステートのステートとは、
ニューロ言語プログラミングでは、姿勢、感情、五感の状態などを含む、

人の状態のことをステートと表現しています。

  1. ステート → 考えや思考に影響
  2. 考えや思考 → ビリーフの形成に影響
  3. ビリーフ → 思考と行動に影響
  4. 思考と行動の産物 → 成功

 

つまりビリーフが、成功に役立つリソースになることが重要です。
成功に役立つビリーフを作るような思考を生むステートに入る時間や頻度を増やしていく必要があります。

それが成功者となる手段です。


ニューロ言語プログラミングによって、 感情とステートをセルフコントロールできるようになります。

 

ステートに入ることをインステートと呼びます。
自分の感情をコントロールし、特定のステートを意識的に作り上げます。
良いステートに入り込み、そこから発生する思考に触れる時間と回数を増やすことで、
成功者になる思考を育みます。

 

成功者になって当然の状態である、思考の質と量を多くすることを意識してください。

「私はできる!成功する!お金持ちになる!」


自己発言に対する確信の強さは、自分に自信を持つ体験の質と量に関係します。
自己肯定感、自己の一貫性は、過去の成功体験から強い影響を受けています。

つまり、成功体験が少ない人より、多い人の方が、成功への自信について確信しやすいのです。

 

人は意図的に何かをイメージして、そのイメージに入り込むことができます。
成功体験のイメージをすることもできます。
それを成功者になるために使えばいいのです。


小さな成功体験でも、そのイメージをする回数を増やしていけば、量を増やすことができます。
そして、サブモダリティを調整することで、質も強くすることもできます。

さらに、リソースフルな状態を引き出すため、アンカリングを利用する成功者は多いです。


スポーツ選手が、決まった一連の行動やポーズをするのは、

最高のパフォーマンスを引き出すためのアンカリングです。

 

インステートのエクササイズやワークによりリソースフルな状態になったら、
状態のピーク前にアンカリングをしておき、ビジネス活動の必要な場面で引き出してみましょう。
成功に向けたニューロ言語プログラミング活用法の1つです。

 

そのためには、 成功に役立つ思考を生み出しやすいステートに入りこむ体験を増やしておく必要があります。

インステートのエクササイズやワーク練習を積み重ねることです。
ニューロ言語プログラミングのワークやテクニックは、インステートが出来ることが前提になっています。

 

人は、常に考えています。

その考えている時の内容と状態が成功に影響します。
成功に役立つ方向に傾くほど、その指向が強固になり成功しやすくなります。
成功するプログラムをプログラミングする入力作業の1つが、思考することです。

 

日々の思考は、ビリーフの形成に強く影響があります。
良いステートをアンカリングで呼ぶ出すことで、プラスな思考を発生させやすいです。
成功に役立つビリーフをプログラミングするイメージで、良い思考をくり返しましょう。

ビリーフは予言の自己成就の特徴を持っています。
その結果、ビリーフに沿った現実が作られていきます。

感情やステートは、思考をひきつける磁石のようなものです。

 

  • 良いステートは、良い思考を生みやすい
  • 良い思考は、良いビリーフになりやすい
  • 良いビリーフは、良い思考と行動を生みやすい
  • 良い行動は、良い結果を引き寄せてくれる

 

ニューロ言語プログラミングでは、誰もが簡単に成功者プログラムをできるような手順やワークやエクササイズがあります。

成功するには、ニューロ言語プログラミングテクニックを活用することです。
ステップ・バイ・ステップの手順と、モチベーションがあれば成功できます。
ステップ・バイ・ステップの手順がわかるのが、ニューロ言語プログラミングです。

成功に向けて、ニューロ言語プログラミングの学習を進めましょう!

 

 

※最後まで記事をお読みいただきまことにありがとうございます。

当ブログを応援してくださると今後の励みになります。

           

にほんブログ村 経営ブログへ

 

 

成功者 | comments(0) | trackbacks(0)
 
Comment








   
 
Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
Trackback