消費税増税の対策

2019年10月からついに消費税が8%から10%になります。 2%も消費税が増えるってことは、100万円の買い物をしたら、今までより2万円も多く払わないといけなくなるってことです。108万円から110万円。10万円で考えると、108,000円が110,000円に。100万円を使う想像がつかないので、そもそもあまりお金を使わない・使えない私には、どうも影響がないような気もしています。 今回は軽減税率という特殊な税率が登場し、全てが10%になるわけではありません。テイクアウトのような飲食店は8%のままです。同じ食べ物でも、持ち帰りかお店で食べるかで、8%になったり、10%になったり。 しかも、今回は消費税還付があり、実質消費税5%になるという話もあります。中小企業の店舗で購入した時限定とのことですが、何が何だかさっぱりわかりません。  

軽減税率制度

特定の商品やサービスについてだけは現行の消費税のままにするというものです。つまり、10月以降もこれまでと変わらない金額で購入できる商品もあります。 それはどのような商品かというと、 1.飲料、食品(酒類、外食、医薬品、ケータリング以外) ※外食(食料を購入して、店内で食べる場合も)は除く 2.2回以上発行されている新聞 大きく分けるとこの2種類となります。

ポイント還元制度

消費税増税後、キャッシュレス決済を利用した場合に、購入額の5%か2%のポイントかキャッシュバックで還元するというものです。キャッシュレス決済の対象となるのは、クレジットカード、電子マネー、コード決済(QRコード決済やバーコード決済)です。2019年10月から2020年6月までが還元期間になります。 ただし、全てのお店で還元制度が使えるわけではありません。中小・小規模事業者の店舗に限定されており、さらに、その店舗が事前に還元制度の申請をしていることが条件となります。還元制度が使えるかどうかの判断は、その店舗に、キャッシュレス還元ポスターが張り出されているかによります。  

 

まとめ

10月からの消費税増税、前回の5%から8%の時の増税とは雰囲気が違っています。それは、増税しない商品があること、還元があるから結果的に増税前よりお得なこと。このような要因により、10月以降は必ずこれまでより支払い額が増えるとは言えない状態なのです。 これが9月初旬の情報であれば、増税前に購入すればいいのか、増税後に購入すればいいのかという、さらにややこしい問題に突入していました。が、もう増税前日のため、今からやれることは、増税後をどう賢く生きるかになります。 増税後は、キャッシュレス決済を使うこと。還元ポスターのある店をチェックして値段を確認しつつも、大手はその価格を意識した値引きをしている可能性もあるので、他店も確認。もしかすると、増税前より、値引きされる可能性もありますね。ネットショップも同様の還元もできるお店があります。ネットショップの価格も、増税後は下がる可能性もあります。購入する前に、いろいろ比較しながら、還元も含めての最安ショップで購入するようにすると、増税前以上のお得な買い物ができるかもしれません。

気になるニュース | comments(0) | trackbacks(0)

児童相談所の役割

気になるニュース

 

2019年6月のニュースの中に、札幌で2歳児の女の子が亡くなった事件があります。 虐待や育児放棄も問題とされており、21歳の若い母親と24歳の男性が逮捕されました。 私にも近い年齢の娘がいるために、非常に興味のあるニュースでした。 虐待や育児放棄はあってはならないことです。 はっきり言って、可愛い我が子をほったらかしにしておくことはもちろん、虐待する気持ちが全くわかりません。 私は結婚適齢期を過ぎたぐらいにしており、一通り遊び尽くした感があるので、結婚したら落ち着いて子育ても楽しんでいるから。ススキノという繁華街とは真逆のド田舎に住んでいるから。 許されることではないですが、若い女性には誘惑がいっぱいあったんだろうなとは、自分自身のことを考えながら勝手に想像しています。

 

 

児童相談所の対応の悪さ

 

今回のニュースは児童虐待のことだけではなく、児童相談所が防げたかもしれない事件であるのに対応が疎かだったことがニュースとなっています。 家庭訪問をしても虐待の痕跡がなかったので問題なし、訪問しても留守だったので・・ 初見では、児童相談所の怠慢だな、とは思っていました。 児童相談所所長の弁明としては、 職員が1人で何万件も抱えており対応するのが難しい状況です。 「ん、何万件? 児童相談所って何をしてくれているのだろう?」

 

 

児童相談所とは

 

児童相談所で検索をすると、厚生労働省のサイトに 児童相談所の概要ということで説明がしてありました。 厚生労働省 ざっくりまとめると、 子育ての悩みを相談できる機関です。相談、一時保護、措置という機能があります。 まずは相談から、それでも難しい場合は保護、その間に改善を進めますが、最後は里親制度などの対応を行っているようです。 子育ての悩みがなければ活動することのない機関とも言えます。 その期間が今回のニュースでは対応できないほど忙しいと言っていました。 つまり、世の中には子育ての悩みが多いということです。 産経新聞サイト 子育ての悩み=児童虐待ではありませんが、児童虐待件数は急激に年々増加しています。 子供の数は減ってきているので、虐待を受けている児童の割合はさらに増えていると考えられます。 児童相談所に頼るだけではいけないのかもしれませんが、忙しくなったから対応が疎かになったでは、本来救われる命が救われなくなるので、国としての今後の対応に期待します。

気になるニュース | comments(0) | trackbacks(0)
1